カテゴリー
現金化

クレジットカードを使った現金を調達する方法はキャッシングとクレジットカード現金化とがある

クレジットカードを持っていればキャッシングよりもショッピング枠を使って現金化した方がより早く現金を調達することができるので、自分としてはキャッシングはあえて選択をしないでクレジットカード現金化の方をメインにしています。

それはキャッシングよりも早く現金を調達できますし、そして何よりも手軽で行えるのが便利です。

キャッシングには審査ありだがクレジットカード現金化には審査なし

まずキャッシングとクレジットカード現金化とでは、使う枠が異なります。

前者はキャッシングサービスを利用するための枠であり、後者はショッピングをするための枠です。

これらの2つの枠の違いは用途も違いますが、それよりも別途審査があるかないかの違いが一番の大きな違いとなります。

キャッシングの場合にはカード会社から借入をすることになりますので、必ず別途審査があります。

一方ショッピング枠はクレジットカードを発行した際に既に審査が終わっているので、別途審査をしなければショッピング枠が使えないわけではありません。

クレジットカードが発行されれば利用限度額の範囲内ならば自由に使うことができます。

そうした理由から自分は、クレジットカード現金化を利用することが多いです。

即日で現金化が可能

また、クレジットカード現金化の魅力の一つに即日で現金化することができる点があります。

これはキャッシングよりもかなりメリットがあります。

キャッシングの場合には、まずはキャッシングサービスに申し込みをした後に審査が行われます。

この審査時間はカード会社によって異なりますが、しばらく時間がかかります。

ですがクレジットカード現金化を行う際には、自分で行う場合には質屋やリサイクルショップなどの実店舗で高く買取ってもらえる換金性の高い商品を購入するだけで済みます。

もしくはクレジットカード現金化業者を利用してその業者から言われた商品をクレジットカード決済すれば、経験上概ね30分以内には現金をキャッシュバックしてくれていますのですぐに現金を調達することができます。

手軽さがある

クレジットカードを使った現金の調達には、キャッシングとクレジットカード現金化とがあります。

どちらも現金を調達できることには変わりありませんが、前者は別途審査がありますのでキャッシングを使う際にはその審査に通る必要があるため手軽さの観点からはキャッシングは向きません。

それに比べてクレジットカード現金化の場合には、別途審査がないことからその分手軽さがあります。

カテゴリー
現金化

クレジットカード現金化をキャッシュバック方式で試み、結果現金化できなかった

■商品を受け取らず大失敗

クレジットカードの現金化には買い取り方式とキャッシュバック方式という2通りが存在ます。

ご存じの方も多いと思いますが、買い取り方式の場合、業者からの買い取り商品が高級で換金率も高いもモノが多く、後々カード会社に疑われやすい商品が多いです。

そこで安全を期すため、過去にキャッシュバック方式を利用してクレジットカード現金化を利用したことがあります。

その際滞りなく順調に進めていたつもりでしたが、最後の商品受け取りを怠り、結果現金化できなかったということを経験したことがあります。

キャッシュバック方式とは?

上記で説明した通り、業者を利用すると2パターンの方式でカードを使った現金化が可能です。

そこでキャッシュバック方式というのは、それ専門の業者から商品の買い取りを済ませた後に、現金をキャッシュバックしてくれるといったやり方となります。

一般的には買い取り方式よりも換金率も低く、安全性も比較的担保されているもので、一番のメリットは入金が非常に早いため、即現金化を求める方からすると大変有難い方式となります。

■キャッシュバック方式の流れ

キャッシュバック方式はネットでも申し込みできて手続きは簡単です。

まずはそれ専門の業者を選び、本人確認の手続きや申し込みを済ませます。

その後はネットショップなどで、業者指定の商品をカードで購入すればこれで一通りの流れは完了となります。

郵送された商品は必ず受け取らないといけない

はじめてキャッシュバック方式を利用した際、手続きは非常に簡単でしたが、その際最大の汚点を犯してしまいました。

それは、商品の受け取りを怠ったこと。

キャッシュバック方式の場合、商品受け取りまでが現金化させるための工程となります。

これは商品購入を対価として捉え、現金キャッシュバックを付与することで現金化させるというカラクリからそうなります。

要は商品の受け取りを拒否すると、業者は契約を破棄してしまい現金を振り込みません。

■その他商品受け取りの有効性

今回のおいては、このような事態から現金化できず失敗した体験談となりますが、商品を受け取る有効性はもう一つあります。

冒頭、買い取り方式と比べ安全性は担保できるという表現を使いましたが、キャッシュバック方式でもケースによってはカード会社から疑われるケースは常に存在します。

そうなった場合商品が手元にあると、カード会社からは必要性のある買い物をしたと判断され、その疑惑を免れるケースもあるからです。

本件も踏まえ、キャッシュバック方式の場合は商品の受け取りまでが現金化させるためには必要で、安全も守られると理解していただければと思います。

■クレジットカード現金化商品受け取りまとめ

以上まとめになりますが、今回お話した体験談は、私が失敗したクレジットカード現金化の話しです。

キャッシュバック方式の場合、必ず郵送された商品はどんなに面倒でも受け取る様にすることが大事なので参考にしてください。

カテゴリー
現金化

クレジットカード現金化を体験した中で振込対応の悪い業者の特徴と対策について

■現金の振り込みがされない

クレジットカード現金化をやるにあたり、色んな危険なケースに出会います。

事前に?を確認し、信頼できそうな口コミから業者などを探し、そこで現金化をお願いすると商品はしっかりクレジットカードで決済を済ませたにも関わらず、いつまで経っても振り込みがされないなどと言ったケースを何度も体験しています。

今回、過去に経験した振込対応の悪い業者の事例や、その際の業者の特徴などについて過去の体験からお話します。

振込対応の悪いの業者の特徴

ネットなんか見ていると、現金を今すぐ欲しいならクレジットカードの現金化が最適といった文言を目にすることが大変多い気がしますが、選ぶ業者を間違えるとそんな話は一遍に吹っ飛んでしまいます。

過去に経験したのが、聞いた話だと即日振込でしたが、問い合わせるとただいま手続中と言われたり、最悪なケースは数日たっても振り込まれないといったこともありました。

また何を考えているのか、分割で振り込んでくる業者も時折経験しています。

今だから言えますが、この手の業者を悪徳業者と言います。

■クレジットカードで決済をする前にもう一度だけ確認する

上記で説明した、振り込み時の対応が悪い業者は事前に避ける必要があります。

こういう相手へクレームをあげても高圧的な態度でまともな話は通じませんし、その後もどうにかして金を巻き取ろうとする行為を続るからです。

それを見切る境界線は、商品をクレジットカードで決済する前に実行すべきです。

カード決済後のキャンセルは物理的に難しい

業者からあり得ない高換金率の話しや都合の良い話ばかり聞かされ、この業者に決めようと考えている方は改めた方がイイです。

私の経験上、このような象徴的な話ばかりする業者は信頼ができません。

また現金化する際の手数料などの話などもおこなわい業者は、振込額から大きく手数料を引かれてしまうことが普通に起こります。

こういった内容だけで業者を信頼し、カード決済をおこなうことはストップしてください。

つまりここで一番言いたいことは、カード決済後にキャンセルすることは物理的不可能だからです。

業者というのはキャンセル防止のために、できるだけ早く現金を振り込もうとします。

口座へ現金が入金されると、それを業者へ返金する術はありませんからキャンセルしようがありません。

■悪徳業者への対策

クレジットカード現金化は、まずは業者を見抜くことが大事です。

残念ながら、この業界に存在する業者とは想像以上にたくさんいます。

ここで悪徳業者対策として以下参照でお願いします。

・自分で判断する

ネットでの情報も参考までに必要ですが、一度直接電話などして確認する方が安全です。

信頼のおける所謂優良の業者とは、客の質問に対して正確に丁寧に答えるのが普通です。

・企業情報を確かめる

所在地、資本金、運用年数など会社情報がしっかりと記載されている業者を選ぶことです。

・疑問を感じれば、即諦める

業者への問い合わせは、換金率より振込額を優先させる。

そして振込日なども合わせて確認していただき、極力見積もりなどを貰った方が間違いがありません。

ここで少しでも躊躇してしまう業者なら、そこは諦めていただき、次の優良業者を探してください。

■クレジットカード現金化振込されない

以上まとめになりますが、何度も現金化にチャレンジしていると振込対応もずさんな業者に出会うのが普通です。

まずカードで決済する前にここで現金化するのか否かの判断をおこなってください。

そして少しでも疑問を感じることがあれば、決してその業者は利用しないことを徹底することです。

カテゴリー
現金化

クレジットカードの現金化業者に依頼する時に自分で気を付ける3つのこと

街中を歩いているとクレジットカードを現金化しませんかという類のフレーズを見たことがあるかもしれません。

インターネットで検索してもクレジットカードの現金化業者の広告をよく目にします。

現金を使わずに買い物ができるクレジットカードを現金に変えるというのは何とも不思議な気がしますが、現金化業者に依頼すれば未経験の人でも簡単に審査なしで行うことができます。

しかし現金化業者を使う時にはいくつかの注意も必要です。

信頼できる現金化業者を選ぶ

自分でクレジットカードのショッピング枠を使って買い物をしてから、商品をインターネットのオークションで転売すれば現金に変えることができます。

しかしこの方法を使うと時間がかかりますし手間もかかります。

またクレジットカードの会社の利用規約に違反していることになるので、もしカード会社に知られた時に賠償請求をされるかもしれないという不安もあります。

そのためクレジットカードの現金化業者に頼めば安心という人もいます。

業者は領収書や納品書を発行してくれて、クレジットカードを使って商品を購入したように手配してくれるので、自分でやるよりも安心できます。

また個人事業主であれば、業者が提供してくれた資料を基に確定申告をすれば、会社の経費として申告することも可能です。

取り引きの中止に対応してくれる業者を選ぶ

クレジットカードの現金化を申し込んでみたものの、いざ現金化する時にお金が工面できて、必要がなくなったので取引を中止したいと思う場合もあります。

そんな時はクレジットカード決済前であれば、普通の業者であれば中止に応じてくれます。

また優良業者であれば、仮にクレジットカードで決済してしまっても、事情を話せば当日であればお金を返してくれるという場合もあります。

しかし悪徳業者に出会ってしまうと、高いキャンセル料を請求されることもあるので注意が必要です。

長年営業している老舗を選ぶ

悪徳な現金化業者は 法律に違反するスレスレの行為を繰り返し、多くの人に訴えられています。

ホームページの口コミに悪い評価が溜まると、会社を畳んで名前を変えてまた新しい会社を立ち上げて同じような商売をする業者もいます。

営業年数が少ない業者が必ずしも悪徳業者とは限りませんが、長く営業している老舗に頼めば安心して現金化できます。

カテゴリー
現金化

ショッピング枠で現金化なら普通に買い物をするのと同じように利用できるのが良い

お金を調達する際にクレジットカードのショッピング枠を使ってお金を調達するという方法があります。

クレジットカードのショッピング枠を使ってお金を調達するのが良いのはこれなら誰でも気軽に利用できるところです。

借金するよりもずっと気が楽なので借金したくない人にオススメです。

普通に買い物した感覚で利用できる

クレジットカードのショッピング枠を使ってお金を調達するのが良いのはこれは借金ではないところです。

やり方としてはクレジットカードのショッピング枠を使って商品を購入してそれを業者に買い取ってもらうことで現金を手にできます。

なので、やり方としては普通にクレジットカードで商品を購入するのと変わらないです。

その商品を買い取ってもらうことで現金化できるのでクレジットカードさえあれば簡単に利用できます。

返済のプレッシャーがない

通常急にお金が必要になった時は借金してお金を調達しないといけませんでした。

ですが、借金である以上返済しないといけないです。

その返済のプレッシャーに負けてしまって精神的に辛くなることもあります。

ですが、クレジットカードのショッピング枠なら借金ではなく業者との付き合いも1回限りですので利用した後に
業者から変なプレッシャーを受けることもないです。

そういう意味でもクレジットカードのショッピング枠を使ってお金を用意するのは気が楽です。

クレジットカード現金化は何も心配がない

クレジットカードのショッピング枠を使ってお金を用意するのは借金ではないのでこれを使って何か不利になることもないです。

借金の場合は返済があるので最悪業者から家族に借金していることを告げられることもあります。

そのせいで家族にまで余計な心配をかけることもあります。

ですが、クレジットカード現金化なら借金ではないのでいくら利用しても業者が家族に接触することはないです。

なので、何も心配しないで利用できるという利点があります。

借金をしてお金を用意する時は場合によっては家族に返済の連絡が来てそれで家族仲も険悪になることもあります。

そのようなリスクもクレジットカード現金化ならないのでかなり手軽に利用できます。

カテゴリー
現金化

キャッシングのように審査がないクレジットカード現金化はそれだけ早く現金を手にすることが可能

至急投資のために資金が必要になった際によくクレジットカード現金化を利用しています。

それはキャッシングだと投資の資金を用意するのに時間がかかってしまうからです。

現金調達のスピードは、キャッシングよりもクレジットカード現金化の方が断然早いです。

その理由はこれから挙げていきます。

審査が不要のためスピーディに現金を調達できる

クレジットカード現金化はキャッシングとは違ってクレジットカードさえあればカード会社の審査を受ける必要がなく、現金を調達することができます。

それはクレジットカード現金化は、ショッピング枠を利用するからです。

このショッピング枠は、審査は別途必要ありません。

クレジットカードを持っていれば、必ずある枠となっています。

なおキャッシングの場合にはカード会社の審査をまずは受ける必要がありますので、まずはその審査を受けてるところから始めなければいけません。

これだと今すぐにでも投資をしたい時にはキャッシングだと、投資のタイミングを逃してしまうことがあります。

そのため自分はキャッシングよりもクレジットカード現金化の方を利用しています。

思いったらすぐに実行できる

それからクレジットカード現金化は、思い立ったらすぐに実行できるのが良いです。

クレジットカードがあって、まだショッピング枠が残っているという条件を満たしているだけで簡単にクレジットカード現金化を実行することができます。

この点が、キャッシングよりも使い勝手が良いです。

審査を別途受ける必要がないので、いつでもショッピング枠を現金化することができます。

この手軽さがクレジットカード現金化の魅力でもあります。

クレジットカード現金化業者を利用できる

最後にクレジットカード現金化が早く現金を調達することができる理由としては、クレジットカード現金化業者を利用することができる点です。

自分でも高級ブランド品を購入してそれをリサイクルショップや質屋などに売って現金化することもできますが、もっと早く現金を手に入れることができるクレジットカード現金化業者を利用することでより早くショッピング枠を現金化することができるので自分の中ではこちらの方を重宝しています。